2014.12.18 Thu 12:07

不動産投資市場拡大からみる不動産投資関連銘柄を集めてみました。


こんにちは、銘柄ウォッチ管理人です。
不動産投資というとあの80年代の後半バブル経済をイメージしてしいます。
私はこのバブルというものを実際に経験していないので、凄さがいまいちわからないですが、アラフォーのお兄さんお姉さんブイブイいわせてたみたいですよ(笑)


さて本題へ。
不動産投資市場拡大を続ける中、2015年も成長していくかを見ていきましょう。

 
○アベノミクスは不動産市場にも追い風となっている

総選挙が終わり、安倍内閣が長期政権として継続的な経済政策を行う足場を固めました。
アベノミクスの目玉となる国家戦略特区の容積率の緩和や、固定資産税の減免など実現すれば不動産投資市場活性化の寄与していくと考えられます。

 
○不動産投資としての日本の魅力

日本の公的債務は莫大な額にのぼりますが、その債権のほとんどが国内投資家によって保有されています。そのため国債価格が暴落する危険性が低いと考えられています。
また、「不動産の新しい動向(R) アジア太平洋2015年」レポートによると日本は不動産投資市場として高い評価を獲得しています。不動産見通しランキングでは、東京が1位大阪が3位につけています。東京はGDPと人口では世界最大の都市であり、世界的な企業集積度も高く、2020年にはオリンピックが開かれることでさらなるインフラ整備が加速すると考えられます。

 
○売上高順!不動産投資業界の銘柄

8940 インテリックス


首都圏エリアにおいて、築年数の経過した中古マンションを仕入れ、高品質な内装を施し、「リノヴェックスマンション」として販売する「中古マンション再生流通事業(リノヴェックスマンション事業)」をメインとしてる会社です。

8923 トーセイ株式会社


不動産流動化や不動産開発をはじめ、不動産ファンド事業、オルタナイティブインベストメント事業など「不動産と金融の融合」をキャッチフレーズに幅広い事業展開を行っています。マンションブランドは「THE・パームス」シリーズを展開しています。

4321 ケネディクス株式会社


不動産投資アドバイザリー事業、不動産投資事業、アセットマネジメント事業、債権投資マネジメント事業を行っていて、顧客投資家に対する不動産や不動産担保付債権等への投資戦略の立案・投資アドバイス、投資案件の運営・管理によるアセットマネジメントなど一連の投資プロセスに対して総合的で包括的な投資サービスの提供をしています。

2337 いちごグループホールディングス株式会社


J-REITおよび私募不動産ファンドの運用をコア事業とし、小規模不動産及び底地関連商品の提供、PM(プロパティマネジメント)、BM(ビルマネジメント)、「ECO」エナジー事業など行っています。

8890 株式会社レーサム


資産運用事業、証券化事業、プロパティマネジメント事業、サービシング事業、投融資事業及びその他の事業を行う。資産運用事業では、個人富裕層を核とした事業法人・国内外の機関投資家などの顧客向けに運用資産としての不動産の調達、改修、開発及び販売を行っています。


 

2015年もアベノミクスに期待!
東京が世界でもトップクラスの都市であることは、うれしいですね(V)o¥o(V)

 



それではまた。
ありが㌧(^ω^)